風俗はこうあるべきだ

名古屋の風俗での経験で分かった思い

まだまだベテランって程ではないんですけど、それでも何度か名古屋の風俗で遊ぶようになって、自分がどういったことを求めているのかだけじゃなく、風俗嬢がどんな気持ちなのかということも考えられるようになってきたんですよね。それはやっぱり自分なりに成長したってことなんじゃないかなって思うんですよ(笑)
コミュニケーションでは相手のことを考えるのもまた、とても重要なことだと思うんです。特に風俗の場合、相手の女の子の気持ちは無視出来ないものです。どういった事を考えているのかを考えて、じゃあ自分は風俗嬢相手にどういったきもちになるのか。そこまで考えられるようになってくると、風俗での時間が濃密なものになっていくかなと。
名古屋の風俗でそれに気付けるようになってきたので、自分では脱初心者と言っても良いのかなって思っていますけど、それでもまだまだ経験はとっても重要なことだと思うので、自分自身の風俗観が確立されるまでは名古屋でいろいろなものにチャレンジしたいなって思っています。

色んなジャンルが揃う名古屋の風俗なら一層チャレンジし甲斐がありますね

風俗嬢に気付かされたことがあるんですよ

お気に入りとしてここ三か月ほど同じ名古屋の風俗店で連続でお世話になっているのがIちゃんです。彼女は名古屋でも比較的人気の風俗店に居る風俗嬢で、それだけでもとっても楽しめるというか、美人でありつつ気さくなので、きっと自分だけではなく、多くの男の好みのタイプでもあるんじゃないかなって思うんですよね。
そんな彼女とのプレイで自分が気付かされたことがあるんです。それは自分は美人に攻められるのが好きなんだなってことです(笑)攻められるのが好きなんじゃなくて、美人に攻められるのが好きってことなんです。あれだけの美人が自分のボディにあそこまでいろいろな形で攻めてくれるのは、それだけでも嬉しい話ですけど、そこでの興奮の高まりは、他の風俗嬢とは比べ物にならないなって今だから思えるんですよ。攻められているだけなのにどんどんヒートアップしていきました。
その時は無我夢中でしたけど、今思えば風俗であれだけ急激にテンションが高まることってそうそうないですよね。