風俗はこうあるべきだ

なぜか風俗だけが楽しい自分

なぜか風俗だけがとっても楽しいなって思うんですよね。自分でもそのメカニズムはよく分からないというか、そんなに深く考える必要はないんじゃないかなって思うんですよ。だって風俗って娯楽じゃないですか(笑)仕事でもなければ、人生がかかっているようなものでもないので、そんなに深刻に考えるのではなく、自分の自由に楽しむくらいで丁度良いんじゃないかなって思うんですよ。むしろそれくらいの気持ちの方が良い風俗嬢嬢とか、自分の理想の風俗嬢と出会えるチャンスが増えるんじゃないかなって思いますけどね。そうじゃないと勿体ないし、それに風俗で楽しむ時って自分の気持ちに正直になって楽しめばよいと思うので、むやみやたらにプレッシャーを感じるようなものでもないと思うんですよ。それだけに、風俗ではまずは気楽に。それがモットーかなって。まぁ風俗以外特に楽しいことがある訳ではない自分なので、自分への戒めとして「気楽に」と考えています(笑)

本気モードだったかもしれない

とってもスレンダーなHちゃんという風俗嬢との時間の満足度はかなりのものになりました。彼女、かなり本気モードだったんじゃないかなって。喘ぎ声とかリアル過ぎました(笑)声を出すというよりも、声が出てしまっているような雰囲気とでも言うんでしょうか。それに感じている時の表情。これがまたリアルでした。眉間に皺を寄せている彼女の表情が、何とも言えないくらい色っぽかったんですよね。彼女の表情を見ているだけでこっちもどんどん興奮していきました。そして、気付いたらこっちもどんどんのめり込んでいるし、こちらのテンションに呼応してくれているかのように彼女もさらに興奮するしで、彼女とはとても素晴らしいハーモニーを味わうことが出来ましたね。風俗でここまでの一体感を得ることって、そんなにないんじゃないかなってくらい、自分の中で彼女との時間の満足感が相当なものになったような気がするんです。それくらい、本当に楽しい時間になりましたね。