風俗はこうあるべきだ

屈指の名勝負となりました

あの日に関しては屈指の名勝負となったんじゃないかなって思いますよ(笑)それくらい、相手の風俗嬢が素晴らしかったって話です。自分の中で、まさかあれだけの時間を楽しめることになるとは思っていなかったんです。もちろんそれは良い意味でです。初めて指名したFちゃんは、これまでの風俗で出会った女の子の中でもトップクラスのビジュアル。正直、この時点で自分自身の緊張はかなりのものになってしまいました(笑)あれだけの美人を目の前にしたら、それや緊張するだろうって話ですね。でも彼女はそのビジュアルに頼るだけじゃなく、かなり熱いプレイをしてくれたんですよ。それが個人的にとっても嬉しかった部分なんですよね。外見が良い風俗嬢は、どうしても外見の良さから中身をレベルアップさせようって意識が働かないものなんですけど、彼女に関しては外見も含めてとっても素晴らしかったです。ああいった風俗嬢との一戦はやっぱり面白いですよね。

風俗でいろいろ出来るようになった

慣れてきたんでしょうね。自分なりにいろいろなことを楽しめるようになってきたのもあって、風俗が日に日に楽しいものになっているような気がするんです。これって結構重要というか、個人的には結構重要な前進なんじゃないかなと(笑)別につまらなかったって訳じゃないんです。普通に楽しんでいたものが、より楽しめるようになったって話ですね。風俗ってどうしても力み過ぎてしまうじゃないですか。だから空回りしてしまうこともあれば、本当はもっと普通に楽しいみたいって思っても力んで緊張したりとか、慣れていないと相手とのベストな距離感が分からないものなんですよね。でもそれがようやく分かってきたのもあって、更に風俗が楽しいというか、この楽しさを忘れないようにもっともっと今のうちに自分の体に風俗の楽しさを刻んでおきたいなって気持ちがあるんですよ(笑)だから今、風俗が自分の中で一番有意義なお金の使い方になっているんじゃないかなと(笑)