風俗はこうあるべきだ

シチュエーションを問わないからデリヘル

デリヘルはシチュエーションを問わない風俗なので、好きというか助かっているって言った方が良いのかもしれません。いろんなシチュエーションで楽しめるじゃないですか。お店の風俗だと営業時間は大抵は24時ですかね。でもデリヘルの場合、何時でも良いようなものじゃないですか。どこかしら営業していますので、時間を気にすることもないですし、場所に関しても気にしなくてよいじゃないですか。自分が楽しみたいなって時に楽しめる。それがデリヘルの魅力であり、他の風俗にはない部分でもあるんじゃないですかね。だからこそ、ここ最近はデリヘルばかりを利用するようになっています。デリヘル嬢のレベルが高いとかではなくて、単純に使い勝手ですよね。終電を気にする必要もなければ、待合室で何時間も待たされるようなこともないんです。すべてこちらの都合の良いように、シチュエーションを問わずに楽しめるとあって、デリヘルの存在感が相当高いものになっているんですよね。

一日の最高の締めは風俗です

いろんな生活のパターンがありますけど、自分にとって一番充実しているなって思うのは、一日の締めで風俗を楽しんだ時ですね(笑)女の子に抜いてもらって帰宅する。そうすると熟睡出来ますね(笑)寝つきの悪い自分ですけど、風俗に行って女の子に抜いてもらうと、それだけで満足感が高まるんです。不思議なものですけど、男ってそんなものだろうとも思いますよね(笑)それに、風俗で満足すると、何だかんだでとっても楽しいのと、男としての充実感を得られる点ですよ。仕事は別に男だからとかじゃないんです。でも風俗は男だからこそ楽しめるものですし、そこで満足感を得ると言うことは、男としての満足感じゃ無いですか。その満足感を得るために風俗を利用していると言っても決して過言ではないだけに、風俗に行って抜いて。そして一日を占めるのが自分の中で何より理想的と言っても良いくらいとっても充実した一日なんじゃないかなって思っていますけどね。